社員研修で大事なこと!社員のことを考えた研修にするために!

社員研修で大事なのは細分化

社員研修では学ぶ人のカテゴリーが同じだと学びやすいです。そのために大事なのは社員を細分化することです。社員の年齢、性別、役職、職種などによって、カテゴリー別にします。同年代の人だけが受けやすい研修もあれば、同じ性別の人が受けやすい研修があるからです。若手向け研修、リーダー研修、中間管理職研修などのようにカテゴリーで分けられていると、研修の方向性が決めやすくなります。社員にはそれぞれ学びたいことがあるものです。それはその立場になったから学ぶべきだと考えるようになるものがあります。管理職になったから学んでおきたいことがあるということです。会社側としてはカテゴリーに分けた時点で、誰にどのような研修が必要かが分かるわけですから、あとはいつ受けてもらうかを決めるだけです。

講師選びは社員研修のポイント

社員研修を行うときに、講師の選び方は重要です。研修内容を何度も行っているプロに依頼するといいでしょう。講師によって得意な分野がありますので、それも考慮する必要があります。実績などを見比べて、候補者を絞ると良い講師が見つかります。講師と一度面談ができると、実施して欲しい研修内容を細かく伝えられるでしょう。

研修内容をリサーチしておく

社員研修は社員が受けたい内容でなければ、効果は半減してしまいます。そうならないために先に、社員がやりたい研修内容をリサーチしておくといいでしょう。専門的な内容なのか、一般的な内容なのかでも大きく変わってきます。社員が受けたい研修と会社側が受けて欲しい内容が重なる内容にすればいいのです。

mg研修はボードゲーム感覚で擬似経営が出来る研修です。1日で数期分を体験し、各期毎に決算書を作成します。1日数期分だけの体験ではなく、継続的に50期、100期とこなすことで効果を発揮する研修です。