事業継承のポイントは計画的に人材を育てること!

後継者はすぐには育たない

事業を継続させるために後継者は欠かせない存在です。しかし、その後継者はすぐに育つものではありません。時間をかけてゆっくりと育てるといいでしょう。そのためには計画的に候補者を選定して、育てる計画を立てる必要があります。事業を継続させるために会社のことをよく知っている人材でないと、上手く継承できないことが多いです。社内から後継者を出すことが大切になります。生え抜きの社員であれば、すんなりと継承が行われる可能性が高くなります。

後継者の育て方は独自の選定とカリキュラム

後継者には後継者向けのカリキュラムが必要です。他の会社の真似をすることはありません。独自のカリキュラムを作ります。実績や能力などを考慮して候補者を選定します。みんながチャンスをもらえるようにすると優秀な人が残る可能性が高いです。その中で候補者になるためのチャレンジに挑戦してもらい、残った人にカリキュラムを受けてもらいます。カリキュラムは現在の幹部が学んできたことを取り入れると、将来役に立つ学びになるでしょう。成功体験や失敗などは会社の財産です。それを後世に引く次ぐことが重要になります。

事業を継続させるために重要なこと

候補者には愛社精神のある人を選びましょう。会社を愛していないと、事業を継続させるために頑張りきれないかもしれません。優秀な人よりも会社が好きな人の方ががむしゃらに頑張る傾向にあります。能力は伸ばせばいいですが、好きにな気持ちは簡単には変えられません。事業を継続させるためには愛社精神のある人を後継者に選ぶことが重要です。

事業承継とは会社の事業を引き継し、別の人に会社を経営してもらうことです。これまで培ってきた経営や営業力を会社ごと、後継者として引き継ぐことが一般的です。