何のために作るの?社内報とはどんなものなのか

コミュニケーションのきっかけが生まれやすくなる

社内向けに作られる広報誌が社内報です。社内の情報交換や他部署との交流にも役立ちます。会社の経営方針を社員に伝える手段としても最適です。新入社員や中途社員を紹介すれば、コミュニケーションのきっかけも生まれやすくなります。業務内容や契約実績を紹介するなど、モチベーションの向上にもつながるアイテムです。社内ルールをわかりやすく共有することで、社員の意識も高められます。グローバルな展開をする企業では、各国それぞれの言語に翻訳されていることも多いです。現地の情報が身近に感じられるのはもちろん、海外に行き来することへの抵抗も少なくなります。社内報を通して会社の歴史を伝え、企業文化を担ってもらうことも大事です。

目的やコンセプトを明確にしてから制作する

社内報を作るときは、目的やコンセプトを明確にしておく必要があります。内容に統一性がないと、コンテンツの魅力も伝わりにくくなってしまうでしょう。どれだけのコストをかけるかも、事前に決めておきたいところです。企画は社員にアンケートを実施するなど、会社の雰囲気に合わせて考えていきます。制作は業者へ外注するか、予算によっては自主で作成するのも一つの方法です。冊子やメールなど、どのように発信するかも重要なポイントになってきます。冊子は手に取りやすく、中身もちゃんと読んでもらいやすいのが特徴です。メールは制作コストが少なく、ペーパーレスで環境にも優しくなっています。スケジュールには余裕を持って制作しましょう。

社内報は、社内で広報を行うための冊子やwebなどの媒体です。制作には実は結構な時間とパワーがかかっており、撮影や取材など、約1ヵ月ほどかけて作られることが多いです。