代理店・フランチャイズを活用して独立する

独立を目指す人が考えなければならない現実

会社勤めをしていますと、窮屈に感じることがあります。上司や先輩の指示に従う義務があるからですが、そのときに考えるのが独立です。独立とは誰の指示も受けず自分の思い通りに働けることです。勤務時間も休日も自分で決めることができます。しかし、独立は簡単ではありません。なぜなら業績が悪いときは倒産してしまうからです。個人の場合は倒産ではなく廃業ですが、どちらにしても仕事を続けるには利益を出している必要があります。

「利益を出す」と口に出して言うのは簡単ですが、現実は難しいものがあります。例えば、独立する人が始める業種で一番多いのは飲食店ですが、新たに開業しても5年後に続いているのは全体の2~3割と言われています。つまり7割以上の人が廃業しているのですが、この数字が独立の難しさを証明しています。独立を考える人はこの事実と向き合うことが第一歩です。

代理店・フランチャイズを活用するメリット

独立する際のリスクを減らす手段として代理店制度とかフランチャイズシステムはあります。先に飲食店の例を上げましたが、飲食店は「なんとなく誰でもできそう」に思えますが、その理由は身近で見聞きすることが多いからです。しかし、それはあくまでお客さんとしての視点に過ぎず、経営する側の視点は全く別のものです。

それをわからずに独立する人が多いので続けられる人が2~3割しかいないという事実があります。代理店やフランチャイズを利用するメリットはこの難しさをある程度和らげてくれる効果があります。なぜなら、その業界においての経営ノウハウを持っているからです。そのノウハウも含めてアドバイスをもらえることは間違いなく大きなサポートとなります。

「自社商品を全国に広げたいな…。でも営業活動をしている時間はない…」というときに、代理店に販売を依頼すると、とてもスピーディに販売エリアの拡大と、売上を向上させることができます。