倉庫の有効活用!?リノベーションで生まれ変わる空間!

倉庫がカフェやオフィスで利用されることも

倉庫は製品や部品などを保管しておくためのスペースです。毎日のように入出荷業務が繰り返され、物流の拠点としての役割を持ちます。しかし、拠点を移動するなどで倉庫が不要になる、倉庫を売却した後には他の企業などが空間を利用することになるわけです。同じように物流拠点として活用する会社もあれば、倉庫の骨格だけを残して、内部をすべて解体してしまうリノベーションを行うケースもあります。リノベーションは建て直しをすることなく新しい空間づくりが実現するリフォーム手法で、すべてを解体する必要がないので建築費を抑えることが出来る、施工期間の短縮も図れるメリットを持っています。リノベーション後の空間は従来倉庫として利用していたものとはまったく違った用途で活用が行われ、オフィスやカフェなどに生まれ変わることも少なくありません。

倉庫を改造してショップを作る

倉庫は雨風を凌ぐための工夫が行われている建築物、外観はとても頑丈で、台風が来てもびくともしないなどの作りになっています。天井までの高さが3階建てほどの倉庫が多いのも特徴です。使わなくなった倉庫の中には昭和の初め頃に建設が行われた施設もあります。こうした倉庫は内部を改造してショップを幾つも作るなど、従来とはまったく異なる使い道で有効活用が行われています。国内にはこうした倉庫が多くありますが、オシャレなショップを幾つも作るビジネスも画期的なもの、空間を上手に有効活用することで、新しい施設に生まれ変わるわけです。

物流とは、日本経済を活性化させるためにも大切な役割を果たします。モノやサービスの移動を司ることになります。